滋賀県栗東市・JR手原駅、駅徒歩32分・宅地分譲、新築一戸建・林ニュータウン・橋本不動産   
林ニュータウン

 
 大切な家族との時間を、最高の家とともに
 

橋本不動産 草津店

➿ 0120-874-932

97d18ax83c8381815b83w82p.jpg 97d18ax83c8381815b83w82r.jpg 97d18ax83c8381815b83w82s.jpg 97d18ax83c8381815b83w82t.jpg 97d18ax83c8381815b83w82u.jpg

HOME > 林ニュータウン・街の魅力 > 林ニュータウン・街の魅力

栗東市・林

その昔、東海道の草津宿と石部宿の間に位置し、旅人が行き交った「林」あたり。駅から旧東海道を歩けば昔ながらの街並が続き,今なお多くの観光客が街道を訪れています。歴史遺産が数多く残り、重要文化財や登録文化財も点在するこの街は、栗太八景にも数えられる名地。ニュータウンのすぐ近くにある新善光寺は、美しい庭園や重厚な建物だけでなく、近年は「はやしの里あかりの演出」の地としても人々を魅了しています。近江富士(三上山)と日向山の自然に囲まれながら、車で1号線・8号線へのアクセスも良く暮らしやすい街「林」です。

街の記憶。



東海道・宿場町の記憶
東海道・草津宿と石部宿の間の地として栗太八景にも選ばれている林(上野夜雨)。東海道を歩けば一里塚や旧和中散本舗、地蔵尊など史跡を見ながら今なお残る風情ある街並を楽しむことができます。昔ながらの商家の玄関には屋号看板が取り付けられ、昔の街道筋の賑わいを現在にも伝えています。
 

多数の重要文化財を持つ街
古くからの歴史を持つ林あたりは、数多くの文化財がある名地です。新善光寺や大角家住宅主家、福正寺地蔵菩薩立像、高野神社石造灯籠をはじめ重要文化財、指定文化財が過去の繁栄を現代に物語ります。
 

井戸の調査風景


遺跡が語る、いにしえのロマン
近年の東海道や神社・仏閣が誕生するはるか以前、この地域は歴史的な繁栄を見せています。林遺跡では鎌倉時代の大きな井戸が発見されたり、お墓から中国製の白磁碗が見つかっています。この白磁碗は平安時代の終わりから鎌倉時代にかけての中国から輸入された貴重な物。6世紀の有力氏族の墓と考えられる日向山古墳が残っていることを考えると、この地が歴史の表舞台であったことを裏付けています。
 
※参考資料/広報りっとう  平成21年度(2009)1月号 1・2月号  りっとう再発見
 
 
 
ページの先頭へ

美しく進化する住宅地。



総81 区画。ますます便利に拡大中。
 
林ニュータウンは2008年の開発から約5年、現在81区画に拡大しています。ニュータウン内には次々と新しい家が建設され、美しい街並が広がり、多くの家族の生活がはじまっています。

自然と歴史を存分に体感。



四季折々の自然を体感できる森。
栗東自然観察の森は、現地から少し離れた安養寺山東側丘陵地にある広さ約13.7hの施設です。都市近郊に残った自然を生かし、自然にふれ、自然を体験できる森として親しまれています。敷地内では四季折々の植物が溢れ、昆虫や野鳥などについて学習することができるネイチャーセンターをはじめ、イベントや製作活動等の体験学習も楽しめます。また小・中学性のボランティアが訪れた子供たちを案内するというシステムもあり、ユニークな自然体験学習の場となっています。

歴史に触れ、体験できる資料館。
自然環境に恵まれ、早く縄文時代から人々が住み着いた栗東市。栗東歴史民俗博物館ではその古代から近代までの長い歴史を、人間の生活を軸に映像や模型・実物を交えて細かく展示、栗東の歴史や文化について調査・研究・資料収集を行っています。昔の生活を体験できるイベントもあり、敷地内の移築民家・旧中島家住宅ではカマドに火が入れられ、竹を使って吹き起しご飯を炊いたり、竹馬や昔の遊びも体験できます。